チャットGPTってよく聞くけど、いったい何なの??

未分類

最近「Chat GPT」という言葉をよくニュースなどで見たり聞いたりしますが、「Chat GPTって結局何なの?」「何ができるのかよくわからない。。。」という方は結構いらっしゃるのではないでしょうか?私自身もこの記事を書くまではそうでした…😓。

そこで今回全くのゼロ知識からChat GPTに関して調査をしてみました!私と同じくよくわからないという方はこの記事をぜひ読んでいただき、少しだけでもどういったものなのかということを知ってもらえれば嬉しいです!そしてもし興味があれば、ご自身でもいろいろ調べてみてください!

1.Chat GPTっていったい何なの??

①Chat GPTとは

Chat GPTはオープンAI(※1)というアメリカの企業が開発した「文章生成AI」。2022年11月30日に公開されるやいないや、わずか5日で利用者が100万人に達しました。更に公開から2ヶ月で利用者が全世界で1億人を突破する今大注目のAIサービスです。

画像引用元:チャットGPT、数字で分析 – 日本経済新聞

Chat GPTが大注目されている理由は大きく2つになります。1つ目は以前から登場していた、テキストで出来上がりのイメージを指示するとその内容に沿った画像やイラストを生成する「画像生成AI」により、生成AIが大きく注目されるようになったこと。2つ目は、Chat GPTは誰でも無料で使用できること。以上の2つの理由でChat GPTは大きく注目されることになりました。

※1・・・OpenAI(オープンエーアイ、オープンAI)とは、営利法人OpenAI LPとその親会社である非営利法人OpenAI Inc. からなるアメリカ人工知能(AI)の開発を行っている企業である[2]人類全体に利益をもたらす汎用人工知能(AGI)を普及・発展させることを目標に掲げ[3]、AI分野の研究を行っている[4](wikipediaより)

②Chat GPTは何がすごいの??

これまでのAIは文章を「抽出」したり要約したりするのが得意でした。しかし、今回のChat GPTはAI自身が文章を作成してくれるのです。ただし0からAIが自ら考えて文章を作成するのではなく、ネット上にある情報を基にして文章を作成しています。そのため、基にしている情報が間違っている場合があります。なのでAIが作成した文章をそのまま使ったり、鵜呑みにしたりするのは危険です。必ず事実確認をしましょう!

2.Chat GPTを実際に使ってみた!

では実際にChat GPTを使ってみましょう!

詳しい登録手順などは次回以降の投稿でご説明しようと思うので、ここではAIとのやり取りをお見せしようと思います!

下の画像のワンピースのアイコンが私で緑のアイコンがAIになります。

まずは東京の観光地について質問をしてみました。このような質問はiponeに搭載されているSiriなのでも対応できますが、Siriと異なる点はChat GPTの場合はより詳細な情報を加えた質問ができる点です!ここでは東京の観光地についての質問に加えて、「昔から仲のいい友達と一緒」「初めての東京観光」「日曜日のお昼頃」という3つの条件を加えています。

「昔から仲のいい友達と一緒」「初めての東京観光」「日曜日のお昼頃」という条件に触れて回答をしてくれました!

次に生成AIということでAI自身に文章を考えてもらおうと思います!😏

文章の内容は、「友達の東京観光への誘い方メッセージ」です!

一体どのような回答が来るのでしょうか…

返答結果は、様々なケース別メッセージの下書きを作成してくれました!👏

ちなみに下の”Regenerate response”というボタンを押すともう一度文章内容を考えて再作成をしてくれます。内容は似ていても書き方が異なったものを作成してくれます!

3.ビジネス活用の事例とポテンシャル!

このパートでは、Chat GPTをビジネス上でどのような活用できるのかをご紹介していきます!

①メール

お客様やビジネスパートナーへメールを送る際、一から内容や書き方を考えていると少々時間がかかってしまいます…。そのような時にChat GPTを活用してみてはどうでしょうか?自分が伝えたい内容のキーワードと受信相手がどういった立場(お客様、ビジネスパートナー、上司、部下など)を入力し、AIに下書きを作成してもらえればかなり時間は短縮できます!以下にお客様への訪問お礼メールの下書き作成を依頼した場合の返答例を紹介します!

②キャッチコピー

ブログや製品のキャッチコピーを考える際にもChat GPTは非常に使えます!私もこのブログのキャッチコピーをChat GPTを用いて考えました!長々と文字で説明するよりもキャッチコピーを実際に考えた際のAIとのやり取りを以下に示します!

上の写真のようにキャッチコピーの狙いやコンセプトを記載し、AIがそれに沿ったものを提案してくれます!ここから良いものを採用したり、これらをベースにより良いキャッチコピーが思いついたりとアイデアの幅を拡げることも可能です!

4.活用の注意点

①権利侵害に要注意!!

Chat GPTはネット上の情報を基に文章生成をします。そのため、誰かの論文の一部をそのまま文章の中に組み込んだり、誰かの作品をそのまま引用したりする可能性があります。そしてAIが作成した文章をそのまま使用すると、知らず知らずのうちに皆さんが権利侵害をしてしまっているということになってしまいます…。そのようなことを防ぐためにも、AIが生成したものはそのまま使用せずに必ず確認をするようにしましょう!

②情報源はあくまでネット上のもの!!

AIが作成した文章の情報源はネット上にあるものになります。つまり、不特定多数の人が情報を加筆修正できるwikipediaも情報源の一部です。そのため、AIが作成した文章の内容が必ずしも正しいものとは限りません。また、このAIが学習しているデータは2011年から2021年までのものであり、それ以前以降の情報は学習していません(試しにウクライナ侵攻に関してChat GPT上でAIに質問してみました)。

上記の点からAIが作成したものが必ずしも信頼できるものとは限りませんので、利用する際は必ずファクトチェックはするようにしましょう!

③機密情報・個人情報の記入はNG!!

Chat GPT上で入力した内容はAIの改善のために運用会社に利用される場合があります。そのため、外部に漏れていけない情報を記入するのはやめておきましょう。

おわりに

今回は話題の文章生成AI「Chat GPT」に関して私自身が調べて学んだことの一部を記事に記載しました。なのでこれが全てではありません。もしこの記事を読んで「もっと知りたい!」「自分のビジネスで使えそう!」と思った方はぜひご自身でもっと深く調べてもらえればと思います!

以下に私が「Chat GPT」に関して調べる際に参考にした書籍をご紹介しますので、ご参考にしてもらえればと思います!

※参考書籍:「先読み!IT✖️ビジネス講座 Chat GPT 対話型AIが生み出す未来 著:古川渉一、酒井麻里子

ChatGPT 対話型AIが生み出す未来 濃い内容がサクッと読める!/古川渉一/酒井麻里子【1000円以上送料無料】

価格:1,540円
(2023/7/16 21:48時点)
感想(0件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました